山口で不用品回収業者をお探しなら、片付けバディにお任せ下さい!

片付けバディ
電話番号
LINE

山口の不用品回収

山口で不用品回収業者をお探しの際は、片付けバディにお任せください。
当社ではどこよりも「安く」「早く」「丁寧に」をモットーに、不用品回収以外にも粗大ごみの回収、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷の片付け、引越しゴミの片付け、ハウスクリーニングなどのあらゆるサービスに対応しています。
ただ家の中の不用品を運び出すだけではなく、お客様のさまざまなニーズに応えられるよう、不用品回収に関連する各種サービスを提供できる体制を常に整えています。
平日はお仕事で忙しい方のために、年中無休で土日祝日も営業しているので、お客様の都合に合わせてご利用いただけます。ご希望であれば即日深夜の対応なども可能ですので、お問合せの際に遠慮なく何でもご相談ください。

山口の不用品回収

当社ではお得で安心な詰み込みパックをご用意しています。荷物の量に合わせてカゴ車から4トントラックまで用意していて、只今キャンペーン価格で対応しておりますので、よりお得に不用品や粗大ごみなどを処分いただけるようになっています。
各種サービスはその道のプロフェショナルが対応いたしますので、安心してお任せいただけるようになっています。事前に現場の状況を詳しく確認し、ベストな提案をさせていただきます。

01不用品回収業者の仕組みとは

不用品を回収してもらうときには、自治体が行っているサービスを利用する方法と民間業者が提供しているサービスを利用する2つの方法があります。
行政のサービスは、料金が安いというメリットはありますが、平日しかサービスが利用できないとか、決められた不用品にしか対応してもえないなどのデメリットがあります。
これに対して民間の不用品回収業者では、行政のサービスに比べるとどうしても不用品の回収費用が高くなりがちですが、土日祝日だけでなく、早朝や深夜などの時間帯にも対応してもらえるケースも多く、その他にもいろいろな面で融通を利かせてもらえる可能性が高いです。回収してもらえる不用品も、危険物以外ならほとんどに対応してもらえるのが特徴となっています。
このように、何かと便利な民間の不用品回収業者ですが、行政のサービスでは考えられない問題が起きることも承知しておく必要があります。それが悪徳業者の存在です。

不用品回収業者の仕組みとは

悪徳業者は安価な見積金額を提示してきて、作業が完了した後で高額な追加料金を請求してきたり、回収してゴミを不法投棄したりして利益を得ています。このような業者を利用することは避けなければいけません。

02初めて不用品回収サービスを利用するときの注意点

初めて不用品回収サービスを利用するときの注意点

初めて不用品回収サービスを利用するときには、インターネットなどを利用してどこの業者に依頼すれば良いか悩み、判断に困る方も多いと思います。そんなときには、利用料金も大事なポイントになりますが、トラブルが起きにくいところに依頼するのも大切だと言えます。
自分で家の中から荷物を運び出す方は良いですが、そうなると不用品が多いときにはかなりの手間になってしまいますので、それができない方は事前に万一家の中を傷つけられたときの賠償責任について確認することを推奨します。
よほど広い家で十分なスペースがあり、出入り口の広さも確保されているなら過度な心配は無用ですが、一般的な住宅やオフィスなどから不用品を運び出してもらうときには、壁や床や階段やドアなどいろいろな部分に傷が付く可能性は十分にあります。さらに、大事な家具などに運び出す不用品をぶつけられてしまうこともないわけではありません。
たとえ何かに傷を付けられても、業者側に負担してもらえるなら大きな問題に発展する可能性は低いと思います。
事前に万一のことが起きたときにはどのように対処してもらえるかについて確認しておくことは、とても大事なポイントになります。

03不用品回収に関する3つのお悩み

1.利用料金がよく分からない
不用品の回収を専門業者に依頼するときに最も多くの方が気にすることは利用料金だと言われています。
インターネットで各業者のサイトを確認すれば、おおよその回収料金が提示されている場合も多いですが、実際に依頼してみたら料金が違った、不用品の量が多いのでまとめていくらになるか見当がつかないという声が多くあります。
利用料金については実際に現場を見てもらわなければ正確には分からないのが現実です。

2.業者との連絡が思うようにとれない
不用品回収業者のホームページには、即日対応や迅速で丁寧なサービスを謳われていることが多いですが、実際に連絡をとろうとするとスムーズにいかないということもよくあるみたいです。
多くは人手不足で起こる問題なので、ホームページ上に書かれていることに相違があるなら、別の業者に問い合わせてみることをおすすめします。

3.本当に信頼できる業者か不安
不用品回収業者に依頼すれば、自宅などにあがってもらっての作業になるため、本当に信頼できる業者なのか不安だという声が多いです。
業者の信頼度は、各業者のホームページではなく、他のサイトに記載されている評判や口コミなどを参考にしましょう。自社のホームページでは良いことしか記載していないのは当たり前なので、第三者の意見の方があてになります。

04リサイクルの種類

回収された不用品はリサイクルされることが多いですが、リサイクルには主に「マテリアルリサイクル」「サーマルリサイクル」「ケミカルリサイクル」があります。
マテリアルいうのは原料を意味していて、材料リサイクル、材料再生、再資源化などとも呼ばれていて、回収したゴミを製品の原材料として再利用することです。
例えば、回収したペットボトルを洋服などにリサイクルしたり、回収した缶を再び缶を作る材料に使用したりすることもマテリアルリサイクルに該当します。
サーマルとは熱のことで、回収したゴミを燃やすときに発生する熱エネルギーを再利用するのがサーマルリサイクルです。ゴミを助燃材として利用するのを指す場合もあります。
ケミカルとは化学的という意味で、ゴミを化学的にリサイクルし、製品原料や化学原料として再生させるのがケミカルリサイクルです。
ケミカルリサイクルでは、ガス化、油化、高炉原料化、コークス炉化学原料化などの手法が用いられています。
ガス化とは廃プラスティックを熱分解し、それを水素や一酸化炭素として取り出すことです。油化は、廃プラスティックを石油に戻す手法として用いられています。高炉原料化は製鉄の際に用いられるリサイクル方法で、コークス炉化学原料化は、密閉された炭素質で廃プラスティックを無酸素状態で熱分解し、還元剤になるコークスや化学原料になる炭化水素油、発電に利用可能なコークス炉ガスを作り出しています。

05山口県でも充実したサービスを提供しています

当社は福岡県に拠点を置いていますが、山口県でも充実したサービスをご提供できるよう、常に多数のトラックを配備しています。気になる料金も福岡県内と同様の価格となっているので、安心してご利用ください。
本州の西端に位置する山口県は、中国地方最大の都市である広島県に接しています。
山口県は瀬戸内海沿岸地域と内陸山間地域、日本海沿岸地域の3つに分けられ、多少の差はありますが、いずれも温暖な気候が特徴で、地震や風水害も少ないため、日本の中でも住環境に恵まれていると言っても良いと思います。
山口県では家賃や土地代が安く、持ち家比率も全国平均と比較すればかなり高く、定住する人も多く、住みやすい環境が整っています。
山口と言えばふぐが有名ですが、その他にものどぐろや鯉料理なども知られていて、自酒も豊富であることから美味しい魚とお酒を堪能することができます。
観光スポットも豊富にあって、桃山風南蛮造りの天守閣の岩国城、日本三名塔の一つ瑠璃光寺などには毎年多くの観光客が訪れます。
山口からは新幹線を利用すれば短時間で九州へ行くことができることはもちろんですが、大阪や東京へのアクセスが良く、フェリーを利用すれば四国地方へも簡単に出向くことができます。

06不用品を処分する費用の目安

不用品を処分する費用の目安は、どのような方法で処分するか、どのくらいの量を処分するかで大きく変わってきますが、不用品回収業者を利用する場合の費用目安は、トラックの大きさによって決まると言われています。
あくまでも目安で、依頼先によっても変動しますが、軽トラックであればおよそ8,000〜15,000円、2トントラックなら25,000〜39,000円と言われています。
ちなみに、軽トラックだと長さ1.9m × 幅1.3mのスペースに高さが1mまで荷物が詰めると考えれば良いです。断捨離をしたり一人暮らしで引越しをしたりする場合には、このくらいの量で納まるケースが多いです。

業者を利用した場合にかかる費用の目安とは

2トントラックだと軽トラックの2倍強の荷物を詰むことができます。家族の引越しなどにも適していて、大型家具などを詰み込むことが可能です。
不用品の回収を専門業者に依頼して、費用をできるだけ抑えたいなら、複数社から相見積りをとるのが最善策となりますが、繁忙期を避けることでも回収費用を抑えられることにつながります。特に3〜4月の引越しシーズンは多くの業者が料金を高めに設定しています。
繁忙期なので予約もとりにくくなっていて、思い通りに回収に来てもらえない可能性も高くなります。この時期は業者も強気なので、値引き交渉にも応じてもらえないと考えておいた方が良いです。

07不用品を上手に処分する3つのポイント

01捨てるか迷う場合は後回しにする

捨てるかどうか迷う場合は後回しにすることが、不用品を効率よく処分するコツになります。
特に物が多い場合は悩んでいる時間がかなり作業効率を下げてしまうので、明らかに要らないものからどんどん仕分けしていきましょう。そのうえで時間に余裕があればゆっくり悩みましょう。

02一度に全部片づけようとしない

物が多い場合は、一度に全部を片付けようとしないことも上手に家の中の不用品を処分するためのコツです。
無計画にゴミを片付けようとすると何から手をつけて良いかわからなくなりがちなので、同じ種類のものから片付けていくことをおすすめします。一日で全て終えようとしないで、今日は○○と明日は○○をなどとスケジュールを立てて、時間になるべく余裕を持つことが大事です。

03仕分けボックスを用意する

不用品やゴミを処分するときには、仕分けボックスや大き目のゴミ袋を用意することがおすすめです。
例えばゴミを捨てるときには、ゴミ袋が大きいとゴミを詰め込んでもすぐに一杯にはなりません。袋に余裕があると人間の心理として早く袋を一杯にしたいという欲求が働くため、無意識に作業の手が早まることにつながります。
仕分けボックスもそれを早く一杯にしたいと思うことで、仕分け作業のスピードアップにつながることになります。

08不用品回収業者ごとのサービスの違い

不用品回収業者といえば、家やオフィスや店舗などから出る不用品を回収してもらえるサービスというイメージが強いと思いますが、多くのケースでそれ以外のサービスを提供しています。
それ以外といってもほとんどは不用品回収に付随するサービスであり、全く異なる分野のサービスが受けられるわけではありません。
不用品と一口で言っても、その中にはさまざまなものが含まれます。例えば、引越しゴミや粗大ゴミなど、ゴミと名の付くものは不用品です。また、故人が生前使用していた遺品も、物によっては不用品になります。
そのため、不用品回収業者のほとんどが、引越しゴミの回収、粗大ゴミの回収以外にも、遺品整理にも対応しているのです。
最近では終活を行う方が増えていて、その中には生前整理が含まれます。生前整理をする物もほとんどは不用品として処分されるため、生前整理に対応している不用品回収業者が増えています。最近では終活をビッグビジネスと考えて、無料相談から対応している業者も多く見られます。
家の中から不用品を運び出すとゴミやホコリが発生しますが、そこに目を付けてハウスクリーニングに対応する業者も増えてきているようです。不用品回収業者を選ぶときには、自分が必要としているサービスを提供していることを確認しましょう。

09不用品の処分に関することでよくある相談事例

  • お問合せで良くある相談とは

    不用品を処分するときには、多くの方ができるだけ費用をかけたくないと思うのは当然のことで、それに付け込み「無料」を謳って集客をする業者が数多く存在します。そのような業者に騙される消費者は毎年相当数いるのが現実です。
    回収してそれがお金になったり、何かの資源になったりする場合は無料で回収してもらえる可能性はありますが、ゴミにしかならないものには処分費用がかかります。回収業者がボランティアをしたいわけではないので、ゴミを無料で処分してくれることには疑問を持つべきです。
    「何でも無料で回収します!」と謳っている場合は悪徳業者だと思い、取引しないようにしましょう。不用品を安く処分したいと思っているところに、「無料で回収いたします」のアナウンスをしている業者がタイミングよくやってきたのでお願いしたら、トラックに荷物を詰んだ後で高額な費用を請求されたという相談は後を絶えません。
    有料と分かったのでキャンセルしようとしたら、キャンセル料や手数料を請求されたという事例も消費者センターなどに数多く寄せられています。そのような業者は回収した不用品を不法投棄している可能性も高く、場合によっては依頼者も法で罰せられることもあるので十分な注意が必要なのです。

10不用品のことでよくある3つの質問

質問
不用品と不要品の違いとは?
回答
不用品と不要品は同じ意味で使われることも多いですが、正確には「用」と「要」では意味合いが変わってきます。
不用品は、一般的には使用できないものや壊れているものを表す際に使用する言葉で、ゴミや廃棄物を指します。
これに対して不要品は、所有者が要らなくなったものを指します。壊れてゴミになるものではなくまだ使えることから、リサイクルショップなどに持ち込めばお金に換えてもらえる可能性が高いのが不要品です。
質問
不用品を処分するベストな方法とは
回答
不用品を処分する方法は、自治体の回収サービスを利用する、専門業者に依頼して回収もらう、リサイクルショップやフリマサイトで売る、知り合いに譲る、分解して普通のゴミとして捨てるなどいろいろな方法があります。
どれがベストな方法かは、その人がおかれた状況によって異なります。お金に替わるなら売れば良いと考える方も多いでしょうが、時間がないときには専門業者であればすぐに処分してもらえます。
質問
不用品を処分するときの注意点は
回答
不用品を処分するときには、法律を遵守しなければいけません。
不法投棄はしてはいけないことを承知している方は多いですが、家電リサイクル法について認識していない方はまだまだ多いようです。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などは、所定のリサイクル料金を支払って各自治体の委託業者や電気店などに引き取ってもらう必要があります。

11業者選びで気をつけるべきこととは

POINT 不用品回収業者の中には最初に安い金額を提示してきて後から高額な追加費用を請求してきたり、回収した物を不法投棄したりするような不届き者もいるので、そのような業者を選んではいけません。
また、そこまではしなくても、必要な許可を持たないで営業をしているような業者もいるので、不用品の処分を業者に依頼する際には、一般産業廃棄物収集運搬業などの許可があることを事前に確認したうえで依頼しましょう。
悪徳業者や無許可業者は、店舗をどこに構えているかなど、所在が不透明な傾向があります。そのため、見積書や領収書などを書面で発行していない場合も多いようです。事前に見積書を作成してもらい、対応を確認することで、怪しい業者かどうかの判断は付けやすくなります。
自社のWEBサイトを持っていて、そこに会社の所在地や所有している資格や許可を明記していて、回収実績も記載されているなら大きな安心材料になります。料金体系も事前に明確にしてもらえて、追加のない見積書であることを確認できればより安心です。
不用品回収業者はインターネットで検索すればたくさん見つけることができるので、1社ではなく複数社の情報を集めて相見積りをとりましょう。

12一般廃棄物と産業廃棄物の違い

ゴミと呼ばれる廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物の2種類に分けられます。廃棄物処理法によれば、産業廃棄物は事業活動を行うことで生じた廃棄物のうち特定の20種類のことで、それ以外のものを一般廃棄物とするとされています。
ただし、産業活動に伴い生じる廃棄物の全てが産業廃棄物ではなく、特定の20種類に分類されるものの中には、限られた業種から排出された場合のみが産業廃棄物となって、それ以外は一般廃棄物となるものもあるのです。
また、産業廃棄物や一般廃棄物の中でも、毒性や感染性や爆発性などがあって、生活環境や人間の健康に被害を加える可能性のあるものは、特別管理産業廃棄物、特別管理一般廃棄物として分類されています。
自分たちで廃棄物を区分するときには、産業廃棄物なのか一般廃棄物なのか迷うものも少なくありません。例えば、紙くずは産業廃棄物の特定の20種類に含まれていますが、建設業やパルプ、紙の製造業以外から排出される紙くずに関しては産業廃棄物には該当せず、オフィスで発生する紙ごみは事業系一般廃棄物として扱われているのです。
産業廃棄物を処理するには都道府県知事からの許可が必要であり、間違って許可を有していない業者に処理をお願いしてしまうと、廃棄物処理法に違反してしまうことになるため注意が必要です。

お役立ち情報

業務を遂行しながらオフィスの引越しができて良かったです!
展開
山口県岩国市の会社経営者様より、オフィスの移転の依頼をいただき、それに対応した内容が書かれています。
不用品の回収以外にもお客様のいろいろな要望を満たしてもらえることが分かるので、参考になると思います。
詳細情報
無事新居への引越しが終わり快適に暮らしています!
展開
山口県内で新居をご購入されたお客様より、引越しゴミの回収依頼を受けてそれに対応した内容が書かれています。
引越しのお手伝いにも対応してもらえることも分かるようになっているので、参考にしてください。
詳細情報

PageTop

  • 友だち追加
  • お問合せフォーム