熊本で不用品回収業者をお探しなら、片付けバディにお任せ下さい!

片付けバディ
電話番号
LINE

熊本の不用品回収

熊本県にお住いで不用品回収業者を探しているなら、迷わず片付けバディをご用命ください。
当社ではどこよりも安く、早く、丁寧をモットーに、お客様のあらゆるニーズに対応できる体制を整えているので、他社では断られたような要望にも応えることができます。
不用品回収以外に、「引越しゴミの回収」「遺品整理」「生前整理」「ゴミ屋敷の片づけ」「ハウスクリーニング」などのサービスも本格的にお届けしています。各分野で豊富な経験を積んだプロスタッフが対応するので、安心してお任せいただけます。
不用品回収では、ご自宅やお仕事場にある不用品や粗大ごみを、丁寧に仕分けして格安で処分いたします。もちろん、荷物の運び出しも全て当社が行いますので、お手間をとらせることはございません。

熊本の不用品回収

遺品整理では、不用品との分別をしっかり行い、形見分けのお手伝いや貴重品の探索などにも対応いたします。
生前整理では、何から手をつけて良いか分からないお客様のために、相談から丁寧に対応して、段階的に時間をかけてサポートもすることも可能です。
ゴミ屋敷の片付けでは、荷物の整理や汚部屋の清掃や消臭などにも対応しています。作業が完了した後には、簡易的な清掃や本格的なクリーニングにも対応可能となっています。
不用品回収やその他のサービスにご興味のある方は、まずはお気軽にお問合せください。

01不用品回収とは

不用品回収とは、不用品やゴミなどを回収してくれるサービスのことです。
生活の中で不用になった可燃ゴミや不燃ゴミは無料でゴミの日に出すことができますが、大型の家具や家電などの粗大ゴミなどは一般のゴミとして捨てることができなくてお困りの方も大勢います。
自治体でも粗大ゴミの回収のサービスは行っていますが、その場合は回収してもらえる品目が決められています。その点、民間の不用品回収業者なら、危険物以外なら大抵の不用品やゴミを回収してもらえるようになっているのです。
自治体のサービスを利用する場合は、所定の場所まで自身で不用品を運ばなくてはいけませんが、民間のサービスなら自宅などの指定した場所にやって来て、自分たちは何もしなくても家の中からどんどん運び出してくれるので、非力な女性や高齢者でも便利に利用できるようになっています。

不用品回収とは

また、民間のサービスでは、不用品の回収に関連した遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷の片付け、ハウスクリーニングなどにも対応している業者も多く見られます。
引越しで不用品やゴミを回収してもらう場合は、家の中の物を全部運び出してもらった後に清掃作業もしてもらえるのでとても便利です。

02初めて不用品回収業者を利用するときに知っておくべきこと

はじめて依頼するときの注意点

不用品回収業者を利用すれば、自宅やオフィスなどにたくさんある不用品やゴミを一気にまとめて処分してもらうことができます。わざわざ自分たちで仕分けして重い荷物を室内から屋外へ運び出さなくても、指示するだけで専門のプロスタッフがテキパキと行動してくれるので、時間も手間も省くことができます。
また、不用品回収業者を利用すれば、再資源化や再販などのリサイクルやリユースなどにも貢献できるメリットも生じます。
こんな便利な不用品回収サービスですが、それ故に利用するうえでのデメリットもありますので、事前にそのことは承知しておきましょう。
まず、不用品回収業者を利用すれば、どうしてもそれなりの費用がかかってしまいます。不用品の回収サービスは自治体でも実施していて、その際も料金がかかりますが、民間に比べると安めに設定されています。自治体のサービスでは家の中から専門スタッフが荷物を運び出してはくれないため、民間のサービスよりも諸経費が抑えられるようになっています。
自治体のサービスではありえないことですが、民間の中には悪徳業者が存在しているので、そのこともきちんと把握しておく必要があります。
悪徳業者は法外な料金を請求してきたり、回収したゴミを不法投棄したりするので、そのような業者を選択してはいけません。

03サービスを利用する際の3つのお悩み

1.少量でも対応してもらえるの?
不用品の回収では、ほとんどの業者が少量のゴミなどにも喜んで対応してくれます。しかし扱う品数が少ない場合は、1品あたりにかかる費用負担が大きくなる可能性が高いことを承知しておく必要があります。
料金の設定は各業者によって異なりますので、できるだけ費用を抑えたいなら事前に複数社から見積りをとることを推奨します。

2.早朝や夜遅くでも対応してもらえるの?
不用品回収業者によっては、365日24時間サービスを提供しているところもあります。その場合は自分たちの都合に合わせて対応してもらえるので、時間を気にする必要はありません。
ただし、時間帯によっては料金が高く設定されていることもあるので、その点には注意が必要です。

3.格安料金を謳っている業者を利用しても大丈夫?
不用品回収業者の中には悪徳業者も存在していて、はじめはどこよりも安い金額を提示してきて、作業が終わった後で高額な追加料金を請求してくるケースが多く確認されています。
したがって、格安料金を謳っている業者には確かに警戒は必要です。しかし、優良業者の中には、少しでも利用者の負担を減らそうと、いろいろな工夫をして不用品の回収費用を安く設定しているところもあります。
優良業者かどうかを確かめるには、実際に問い合わせて対応の仕方を確認したり、インターネットで口コミや評判を詳しく調査したりすることをおすすめします。

04引越しゴミの種類

引越しをする際に出るゴミの種類には、可燃ごみ、不燃ゴミ、生ごみ、資源ごみ、粗大ゴミなどがあります。これらのゴミを処分するには、自治体によってルールが異なるので、それに従って適切に対応しなくてはいけません。
引越しゴミで処分に困るのが粗大ゴミです。他のゴミは普段通りの方法で引越しまでに処分すれば良いですが、粗大ゴミは特別な方法でないと処分できない場合がほとんどです。
処分の方法としては、市区町村に問い合わせて指定の場所に持ち込んだり、料金を支払い自治体の回収サービスを利用したりするか、民間の不用品回収業者やゴミの回収にも対応している引越し業者に任せるなどが一般的です。
粗大ゴミでまだ使用できるものなら、友人などの知り合いに譲るというのも良い方法です。価値のある物なら、リサイクルショップなどに買取してもらえばお金に換えることもできます。時間に余裕があるなら、ネットオークションやフリマサイトを利用しても、お金に換えることができます。
ゴミにしかならなくて時間もないなら、何でも処分してもらえる民間の不用品回収業者に依頼すれば良いですが、依頼先によって料金は異なりますので、その点には注意して業者選びを行いましょう。

05熊本県全域でサービスを提供しています

福岡県に本社を構え、熊本県全域でもサービスを提供しています。熊本県内にも多数のトラックを配備しているので、迅速な対応が可能で、満足いくサービスをお届けしています。
熊本県は九州地方のほぼ中央に位置する県で、福岡、大分、宮崎、鹿児島の4県と接しています。県面積の6割を森林が占めていて、北東部には世界最大のカルデラを有する阿蘇山がそびえ立ちます。
農業が盛んなことが特徴で、農業産出額は全国で5番目となっています。スイカとトマトは全国1位で、メロンは3位、いちごは4位となっています。
熊本は馬刺しが有名で、ミネラルとビタミン類を豊富に含み、低カロリーで低脂肪であることからダイエット食としても全国的に人気となっています。
県内各地では、古くから伝統的な行事が数多く開催されています。中でも8月に山鹿市で行われていて古代から受け継がれてきた「山鹿灯籠まつり」や、9月に熊本市にある藤崎八幡宮で行われ1000年以上の歴史を持つ熊本県内最大の祭りである「藤崎八旛宮例大祭」は有名です。
熊本県は温泉地としても有名で、その数は118ヵ所にも及んでいます。
2011年の九州新幹線全線開業をきっかけに生まれたご当地キャラクター「くまもん」は、日本で一番有名なご当地キャラクターとして幅広く認知されています。

06引越しゴミを処分する費用の目安

引越しゴミを処分する場合の費用は、どのような方法を選択するかによって変わってきます。
価値がなくゴミにしかならないものでも、それを欲しい人がいれば処分費用を0に抑えることができるので、周りに誰か対象物を必要としている人がいないか確認してみるのが一番の得策と言えます。今ではネット上でそのような人を探すことができるサービスもあるので、利用してみることをおすすめします。
そのような手間をかけたくないなら、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用するのも、費用を抑えるためには良い方法です。自治体によってかかる費用は異なりますが、例えば一人用のソファーなら800円、テーブルは1,100円、ベッドは2,000円などが目安となります。

引越しゴミを処分する費用の目安

ただし、自治体の粗大ゴミ回収サービスでは回収の対象にならない品目も少なくないので、その場合は民間の不用品回収業者を利用することを推奨します。
民間業者の場合は、どうしても費用相場が自治体よりも高く設定されています。例えば、一人用のソファーは5,000円〜、テーブルは2,000円〜、ベッドは5,000円〜などいう具合です。これに基本料金が3,000円程度プラスになるケースが多いです。
しかし、民間の不用品回収業者なら、ほとんどの物を回収してもらえるというメリットがあります。

07引越しゴミを処分する3つのポイント

01不用品と価値あるものに仕分けする

引越しゴミを早く効率よくスムーズに片付けたいなら、まずはそれを不用品と価値あるものに仕分けましょう。
ゴミにしかならない不用品は、誰かにあげたりする以外にはお金に換えることもできないので、まとめて処分するしかありません。
しかし、価値あるものはリサイクルショップなどの買取店に出せばお金に換えられるので、出張買取などを利用してその分を不用品の処分費用に充てられることになります。

02寄付する

引越しゴミの中には寄付できる品もあります。例えば、書籍なら最寄りの図書館へ寄付することも可能です。洋服やぬいぐるみなどは、子どもを支援する団体の支援活動に役立ててもらうことができます。
自分たちの知らないところでいろいろな物が役立っているので、インターネットなどで調べて積極的に寄付することを推奨します。
身内などでも引越しゴミを必要としている人がいるかもしれません。

03不用品回収業者を利用する

買取が難しい物でも、不用品回収業者に依頼することで、リユースやリサイクルに役立ててもらえることもあります。
そのようなものは無料で回収してもらえることもあるので、1社だけでなくできるだけ多くの業者に問い合わせてみることをおすすめします。回収費用がかかるとしても、業者ごとに料金は変わります。

08不用品回収業者ごとの料金の違い

不用品回収においては定価というものは存在していないため、依頼する業者によってかかる費用は異なります。とは言え、品目や荷物の量などにおいて料金の目安となる相場は存在しているので、不用品回収業者を利用する前には、それを確認することで無駄に高額な費用をかけなくてもよくなります。
この業界には残念ながら相場よりもかなり高額な請求をしてくるような悪徳業者も存在しています。適当に依頼先を選んでしまうと悪徳業者の餌食となってしまので、信頼できる業者がどこか分からないという方は、1社だけではなく複数の業者から見積りをとって料金を比較することを推奨します。
不用品回収業者が作業を行うには、人件費と車両費と処分費がかかります。人件費は通常の作業では1時間あたり3,000円程度が相場となっていて、重量物を取り扱うなどの特殊な作業を伴う場合は5,000円程度が相場と言われています。
車両費は車両の大きさによって料金が異なっていて、軽トラだと3,000〜4,000円程度で、2トントラックなら8,000円程度となっています。
ゴミの処分費は、一般廃棄物の相場は300円前後/10sが相場となっているので、見積書を確認するときにはこれらの数字を目安にしてください。

09引越しゴミのことでよくある相談事例

  • お問合せで良くある相談とは

    引越しするときには、事前にしっかり準備をするつもりだったのに、仕事や他の用事で忙しくて引越し当日にまだ全然準備ができていなかったということはよくあることです。
    時間に追われながら引越しの準備をする場合は、いろいろなことを冷静に考えられなくて引越し当日に引越し業者を呼んでいたのに、トラブルが重なって時間通りに作業が終わらなかったり高額な追加費用が発生してしまったりなどというケースもよくあります。
    無計画に引越し業者に依頼してしまった場合の失敗例として、引越しゴミに関することもあります。引越し業者は基本的に不用品やゴミの回収には対応していませんが、そのことを知らなくて引越し作業が終わった後に現場に大量のゴミが放置されてしまうことがあります。
    また、それを避けるために必要ないものまで引越し先に運んでもらうことになって、その分に高額な追加費用がかかってしまうようなこともあります。
    引越し業者の中には引越しゴミの回収に対応しているところもありますが、大抵は段ボールでの回収にしか対応していません。
    不用品やゴミの回収が必要な場合は、事前にそれに対応している引越し業者を探すか、別に不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

10引越しゴミに関することでよくある3つの質問

質問
引越しの準備に時間かけられないときの対処法は
回答
忙しくてなかなか引越しゴミの処分に時間をかけられないという方は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。
不用品回収業者なら、引越し日にピンポイントの時間帯を指定して対応してもらうこともできますし、不用品ゴミの量に関係なくあらゆるものを処分してもらうことができます。
ただし、引越しシーズンなどは込み合うことが予想されるので、即日対応可能な業者だとしても事前に予約を入れておくことを推奨します。
質問
引越しゴミを上手に処分するための注意点は
回答
引越しゴミを上手に処分するためには、ある程度時間に余裕を持って計画的に使わないものから徐々に処分していきましょう。
粗大ゴミでも、分解すればゴミの日に無料で捨てられるものも少なくありません。時間に余裕がないと冷静な判断をしにくくなり、無駄な費用をかけることにもなりかねません。
質問
引越しゴミの処分費用を抑える方法とは
回答
引越しゴミの処分にかける費用を抑えたいなら、不用品回収業者など利用する業者の情報をできるだけ多く集めて、複数社から相見積りをとりましょう。
同じゴミを処分したり売却したりする場合でも、依頼先によって金額は異なります。他の業者からも見積りをとっていることを敢えて伝えることで、競争意識が働き依頼者に有利になる可能性も高くなります。

11業者選びで注意しないと起こる問題とは

POINT 不用品回収業者でも対応しているサービスに違いがあれば、営業形態も異なるので、まずは不用品回収業者が何かをきちんと認識しておくことが大事になります。
不用品回収は、基本的に仕分け、梱包、運び出しに対応するサービスを指します。よく街中を巡回して粗大ゴミなどを回収している業者がいますが、それは廃品回収業者で仕分けや梱包には対応していないことも多いです。
ろくに業者が提供しているサービスを確認しないで依頼してしまうと、結局求める作業をしてもらえなくて、他の業者のお世話にならざるを得なくなり二度手間になってしまうようなこともあります。
手間がかかるだけなら時間があるから大丈夫という人も少なくないと思いますが、余計な費用が発生してしまうこともあるので注意しなくてはいけません。
業者選びで失敗しないためには、自分がどのようなサービスを求めているかを最初に明確にすることが重要です。
例えば、仕分けや梱包や運び出し以外にも、遺品整理やハウスクリーニングも必要なら、それらを一気に引き受けてくれる業者に依頼した方がトータルでかかる費用を抑えられる可能性が高くなりますし、時間も大幅に抑えられることになります。

12可燃ごみと不燃ごみ

可燃ごみとは、いわゆる「燃えるごみ」のことで、具体的には紙類、木くず、衣類、布の他に、台所から出る生ごみなども含まれます。ただし、紙類の中でも新聞紙や段ボール、包装紙、チラシなどは古紙回収に出して再利用されます。また、衣類に関しても廃品回収に出すことで再利用が可能となっています。
お住いの地域によって、可燃ごみとして扱うものの種類が異なっています。例えば、布団や毛布やカーテンなどは、自治体指定のごみ袋に入れることで可燃ごみとして扱われているところもありますが、はじめから粗大ごみと決められているケースも多いです。
不燃ごみとは、燃えないごみのことで、資源ごみとして再利用できないものを指します。燃えるごみでも焼却すると有毒ガスが発生するものは、不燃ごみの対象になります。具体的には花瓶や植木鉢や皿などの陶器類、金属製品、電球、スプレー缶、小型家電製品などが対象になります。
物によっては、可燃ごみと不燃ゴミに分けて処分しなくてはいけません。例えば、傘の場合は骨が不燃ゴミとなり、布は可燃ごみになります。
家庭から排出されるごみには、可燃ごみと不燃ごみの他にも、大型ごみである粗大ごみと、再利用できる資源ごみがあります。

お役立ち情報

お得な詰込みパックの不用品回収業者さんで運び出しもしてくれたので助かりました
展開
熊本で不用品回収業者をお探しの方は何でも安く回収してくれるこちらの業者へ!どこよりも安く、早く、丁寧をモットーに柔軟対応してくれます。
詳細情報
不用品回収業者さんに熊本への引越し荷物をまとめて回収依頼しました
展開
片付けや整理が苦手な方、お時間がなく引越しまでに時間が足りない方は、片付けのプロを利用しましょう。作業品質や効率が良いためスピーディでキレイに片付く!ハウスクリーニングも依頼されればお住いもピカピカになります。
詳細情報

PageTop

  • 友だち追加
  • お問合せフォーム