鹿児島で不用品回収業者をお探しなら、片付けバディにお任せ下さい!

片付けバディ
電話番号
LINE

鹿児島の不用品回収

鹿児島県で不用品回収サービスが必要なら、「安く」「早く」「丁寧に」がモットーの片付けバディをご利用ください。
当社では、常にお客様を第一に考え、どこよりも迅速丁寧なサービスを提供しています。
不用品回収以外にも、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷の片付け、ハウスクリーニングなどさまざまサービスに対応していますが、気になる料金については常に市場調査を行いながら、業界最安値を目指しています。お得なパック料金やキャンペーンなども開催していて、ご相談やお見積りには無料で対応しています。

鹿児島の不用品回収

お急ぎの方には即日対応や深夜などにも対応可能ですので、遠慮しないでどんなことでもお伝えください。少しでもお客様の役に立てることを全スタッフが喜びに感じています。
サービスへの受付は24時間対応しているので、お客様の都合の良い時間にお問合せください。フリーダイヤルをご用意していますが、メールやLINEなどでもお問合せ可能となっています。
詳しいお見積りは専門の見積りスタッフが現場に伺い実施いたしますが、金額に納得いかない場合はお断りいただいてもキャンセル料や手数料などが発生することは一切ございませんのでご安心ください。見積りをした後にオプションが発生する以外に追加料金がかかることもございません。
まずはお気軽にお問合せください!

01不用品回収のメリットとデメリットとは

不用品の回収を専門業者に依頼するメリットは、なんと言っても自分の都合に合わせて作業の日程を決められることです。安く不用品を処分するには自治体のサービスを利用するという方法もありますが、その場合は自分で指定の場所まで荷物を運ばなければいけなくて、平日の日中しか作業ができないというデメリットが生じます。
大量のゴミを一気に処分できることも、専門業者に依頼する大きなメリットと言えます。また、専門業者を利用すれば、リユースやリサイクルなどに貢献できることもメリットの一つです。
専門業者に依頼するデメリットは、それなりの費用がかかることです。基本料金がかかるのも一般的なので、少量の不用品を処分するときには特に1個あたりにかかる費用が高くなってしまいます。

不用品回収のメリットとデメリットとは

他にも交通費や時間外手当などの諸経費が発生することもあるので、できるだけ費用を抑えたいなら業者選びは慎重に行いましょう。
不用品回収業者には悪徳業者が存在することも、大きなデメリットと言えます。特に無料回収を謳って集客している業者には注意が必要です。
不用品回収業者に依頼するときには、口コミや評判などの情報をできるだけ多く集めて、複数社から相見積りをとることを推奨します。

02初めて不用品回収業者に依頼する方へ

はじめて依頼するときの注意点

初めて不用品回収業者を利用する場合は、どこに依頼して良いか見当もつかないという方がほとんどだと思います。
今ではインターネットという便利なツールがあるので、多くの方はお住いの地域にある業者をネット検索して探すことになるわけですが、このときに選択を間違うと大変なことになってしまうのです。
この業界には悪徳業者も存在していて、少し前までならネット上に自社のWEBサイトがあればそれが信用の証になっていましたが、今ではネット上にサイトが存在していても悪徳業者である可能性があるのでとても厄介です。
実際に、多くの方が安心して悪徳業者に依頼してトラブルを引き起こしています。そのため、インターネットはあくまでも情報を集める手段だということを認識して、依頼先を決めるときには事前に現場を見て見積書と対応を確認したうえで契約を交わしてください。
1社ではなく最低でも3社から見積りをとって、その内容をしっかり確認しましょう。見積書の中に人件費や車両費や処分費があり、個別に料金が記載されていて、できるだけ見積内容が細かい方が信頼できます。「不用品回収費用一式」など、内容が簡易な場合は悪徳業者である可能性が高いです。

03よくある3つのお悩み

1.どんなものでも回収してくれるの?
粗大ゴミを捨てるときに自治体の有料サービスを利用したら回収してもらえないものがあったから、どうやって処分すれば良いか分からなくて頭を悩ませている方も少なくないようです。
不用品回収業者であれば、危険物などを除けばほとんどが回収の対象になっているので、そのような悩みを解決できます。回収してもらえる不用品の量にも制限はないので、一気に処分できるので便利です。

2.取引しなくても費用はかからないの?
大量の不用品を回収して欲しいから、事前に現場を見てもらって正確な見積金額を提示して欲しいという方は大勢います。しかし、家にまで来てもらいわざわざ見積書を作成してもらうと、金額に納得いかない場合に断れなくなるのでは?断れたとしても費用がかかるのではと悩む方も多いようです。
このような悩みを解消するには、キャンセル料や交通費などが一切発生しない業者を選べば良いだけです。

3.不用品回収に相場がある?
不用品回収サービスを利用する方が最も気にすることが料金です。不用品回収業者によって料金は異なりますが、相場は確かに存在します。
相場を知るにはできるだけ多くの業者に問い合わせて正確な見積金額を出してもらうのが最もおすすめの方法です。ただし、料金だけで業者を選ぶことは危険です。この業界には悪徳業者も少なくないので、その点には十分に気をつけなくてはいけません。

04不用品の種類

不用品には、大きく分けると再生資源として利用できるリサイクル品と、そのまま人の手にわたって再利用できるリユース品と、廃棄処分となるものの3つの種類があります。
不用品回収業者に不用品の処分を依頼すれば、種類別にしっかり分別してリサイクル品とリユース品はしかるべきルールを通して有効活用されることになります。廃棄物に関してもしかなるべき方法でゴミをして処分されることになります。
リユース品に関しては、不用品回収業者の中にも買取に対応している業者もいるので、そのような業者を探して依頼するという方法もありますが、リサイクルショップなどの買取専門業者を利用した方が高値の付く可能性が高いです。
特に洋服やブランド品やオーディオなど特定の品物だけに特化して買取している専門の買取店を利用すれば、高額買取が期待できます。
買取店を利用する以外にもできるだけリユース品を高く売りたいなら、ネットオークションやフリマサイトなどを利用するという方法もあります。特にオークションの場合は競合相手がいれば期待以上の値が付くこともあります。
社会貢献をしたいなら、寄付するという方法もあります。自分が使わない不用品でも、それを欲しがっている人や国はたくさんあり、寄付する先はネットでも調べることが可能です。

05鹿児島県内でも各種サービスをご利用いただけます

離島は対象外となりますが、当社では鹿児島県でも不用品回収をはじめとした各種サービスを提供しています。できるだけお客様のご希望に添えるよう、臨機応変に対応させていただいております。
九州地方に位置する鹿児島県は、本土と呼ばれる薩摩地方、大隅地方と、離島と呼ばれる薩南諸島に分かれています。ちなみに薩南諸島には種子島、屋久島、奄美などがあり、島数は605個にも及びます。
鹿児島県には桜島をはじめとした噴火活動の頻度の高い火山が多いことで知られていて、温泉の数は同じ九州地方の大分県に次いで全国第二位となっています。そのため、県内の入浴施設のほとんどが温泉となっています。
年間の平均気温も全国の二位で、気候は温帯から亜熱帯までさまざまですが、一年を通して暖かいことが特徴です。
2011年に九州新幹線が開通してからは、交通の便がかなり良くなりました。九州一の都市である博多までは最速1時間17分で行くことができ、東京や大阪や名古屋からの飛行機の便数も多く、都市部からも短時間で訪れることができます。
ソウル、上海、台北の3つの定期国際航空便も運行しており、アジア各国からの観光客も年々増えています。県内での移動には車を利用するのが最も便利ですが、鉄道も充実しています。

06粗大ごみを処分する費用の目安

粗大ごみを処分する費用の目安は、行政のサービスを利用するか民間のサービスを利用するかで大きく変わります。処分にかかる費用は、お住いの地域や依頼する業者によっても異なります。
行政のサービスの方が民間のサービスを利用するよりも安価に設定されていて、多くの市区町村では粗大ごみの品目ごとに500〜3,500円程度の料金設定をしています。中には30cm以上で2m未満の不用品を粗大ごみとして一律500円で回収している地域もあります。
ただし、行政の粗大ごみ回収サービスでは、テレビやエアコンなどのリサイクル家電をはじめとして、サービスの対象外になるものも多いのが特徴的です。

粗大ごみを処分する費用の目安

一方不用品回収業者などの民間のサービスなら、危険物など一部の例外を除けばほとんどが回収の対象となっています。気になる費用の目安は、品目によって異なりますが、行政のサービスに比べて2倍や3倍も高くなることも珍しくありません。それに加えて、民間のサービスでは3,000円程度の基本料金がかかることも多いため、品数が少ないと1品ごとの負担が大きくなってしまいます。
民間のサービスを利用する場合に粗大ごみ処分費用を抑えるためには、できるだけ多くの業者に問い合わせて相見積りをとるのが効果的です。分解できるものは自分でゴミに日に捨てることでも処分費用を抑えられます。

07粗大ごみを分別する3つのポイント

01小さくして処分する

粗大ごみでも、分解して小さくすれば一般のごみとして捨てることも可能です。
地域によって粗大ごみの区分が異なりますが、一定の大きさにすることで全てを無料で処分できるものも少なくありません。
電気製品は難しいですが、木材で製造されている家具などの可燃ごみなら、その可能性は高いです。不燃ごみは分解することも難しく、危険を伴うものも多いので注意してください。

02使用できるものは売りに出してみる

自分ではごみにしかならないと思っているようなものでも、リサイクルショップなどを利用すればお金に換えてもらえるようなものも少なくありません。
また、リサイクルショップでは値段が付かなくても、ネットオークションやフリマサイトなどで出品してみたら高値で売れたというケースも多いです。

03不用品回収業者を利用する

粗大ごみの分別が面倒な場合は、不用品回収業者を利用すれば手間なく処分してもらうことができます。
業者に依頼すれば費用はかかりますが、粗大ごみ以外にも家中の不用品の仕分けも手伝ってもらえて、運び出しも全て行ってくれるので、労力を一切使わなくても良いことは大きなメリットです。特に力の弱い女性や高齢者にとっては不用品回収業者の存在はありがたいと思います。

08依頼する不用品回収業者による違いとは

不用品回収業者と一口で言っても、業者によってサービス、料金、作業の内容などいろいろな面で違いがあり、全てにおいて全く同じ業者は存在していません。
最も注意すべきことは悪徳業者に騙されないことですが、悪徳とまではいかなくても依頼先を間違って後悔するケースはよくあることです。
自分が求めていたサービスに対応していない場合は、再度別の業者に依頼することになり高額な費用がかかってしまうことにもなりかねません。例えば、遺品整理に対応している不用品回収業者は増えていますが、当然遺品整理にも対応していると思って作業を進めてもらったら、望んでいたお焚き上げをしてもらえなくて結局あらためて遺品整理業者に依頼することになったというケースは少なくないようです。
求めるサービスは提供してもらえたとしても、思っていたよりも費用が高くなったということもよく起きています。
事前に現場を見てもらい見積書を提出してもらったのに、当日見積り時には隠れていたものが出てきて追加料金がかかるようなこともあります。そのようなことをなくするためには、事前にしっかり見積り作業をしてくれて、作業の内訳も明確に提示してくれる業者を選びましょう。

09粗大ごみに関することでよくある相談事例

  • 大ごみに関することでよくある相談事例

    粗大ごみはどのようにして処分すれば良いの?という相談や、そもそも粗大ごみって何なの?という相談や質問は、粗大ごみを回収している業者などに多く寄せられています。
    粗大ごみの定期は、各自治体によって異なります。不燃性のごみがそれに当たりますが、一定の大きさのものが粗大ごみと呼ばれることが多いです。ソファーやベッドなどの家具類や大型の家電、自転車などは代表的な粗大ごみです。
    一般家庭から出る粗大ごみの回収方法は、自治体によっても違いがあります。大きさに関してはおおよそ一緒ですが、品目によって無料か有料か変わってきます。有料で回収される粗大ごみは、回収が予約制で早めの対応が必要になることが多いです。
    自治体が有料回収する品目についての問い合わせもよくあります。基本的に家具類や自転車は回収してもらえます。木材に関しては寸法以下に切断すれば可燃ごみとして捨てることもでき、それを知らない方も多いようなので、問い合わせ後に早速切断して無料で処分する方もたくさんいます。
    自治体が回収できない粗大ごみについての相談や質問も多く寄せられます。ごみの回収に関する法律があり、家電リサイクル法、資源有効利用促進法、産業廃棄物処理法の三法に定義されている粗大ごみを回収している自治体はありません。

10粗大ごみの回収でよくある3つの質問

質問
自治体の回収サービスは手間がかかるの?
回答
粗大ごみは、自治体の回収サービスを利用すれば安価で処分できますが、事前の手続きが面倒というデメリットがあります。
電話かメールかインターネットで申し込みをして、粗大ごみのシールを購入し、それを対象物に貼って自分で指定の場所まで運ばなくてはいけません。さらに回収してもらえるのは平日の日中が基本なので、仕事で忙しい方はなかなかサービスを利用できません。
質問
家の中を傷つけられることはないの?
回答
粗大ごみは面積が大きくて重さもあるため、一般的な不用品に比べると運搬中に家の中を傷つけられる可能性がどうしても高いです。実際に、多くの現場でトラブルは発生しています。
そのような場合に備えて、保険に加入している業者を選んで依頼しましょう。優良業者であれば作業をするときに養生もしっかり行います。
質問
粗大ごみの回収をスムーズに行うにはどうすれば良い?
回答
粗大ごみをできるだけスムーズに処分するには、専門の回収業者を利用することを推奨します。
電話やメールをするだけで、自分の都合の良い日時に自宅などの指定した場所まで来てもらえて、どんなに重くて大きなものでも作業に慣れたプロスタッフが運び出してくれます。
それなりの費用はかかりますが、手間も労力もかけなくても良いことは大きなメリットです。

11業者選びの注意点

POINT 不用品回収業者を選ぶときには、何よりも悪徳業者にだけは騙されないようにしなくてはいけません。そのためには悪徳業者の特徴を事前に把握しておくことが大事になります。
不用品を回収するには、一般家庭からなら一般廃棄物収集運搬業許可が、工場や事業所から出る廃棄物を処分するなら産業廃棄物収集運搬許可が必要になります。
買取業者などは古物商許可を持って営業していて、リサイクル品を出張買取しているところも最近では増えていますが、古物商許可だけではゴミとして扱う不用品は回収できないので、この点には十分な注意が必要です。
無許可業者に依頼して業者が回収したものを不法投棄すれば、依頼者も法の裁きを受けることになるケースもあるのです。
業者を選ぶときには、相場よりも著しく高い料金が設定されていることも注意しなくてはいけませんが、反対に低すぎる料金設定にも気をつけなくてはいけません。
悪徳業者で多い手口に、驚くほどの格安料金を提示して集客し、作業が完了した後で高額な追加料金を請求するというものがあります。これを回避するには、最初からそのような業者を選ばないことが一番ですが、事前に追加料金が発生しないことを書面で残してもらうのも良い方法です。

12ゼロエミッションとは

ゼロエミッションというのは、人間の活動から発生する全ての廃棄物を限りなくゼロにすることを目指す環境運動のことであり、サスティナブルな経済活動や生産活動を展開する理念と方法を指します。
具体的には、排出された廃棄物をリサイクルもしくは再資源化することです。日本におけるゼロエミッションは、1997年に創設されたエコタウン事業に、企業間の連携が効率的に行われるように支援制度が設けられたことにより大きく推進し、近年特に環境問題に関心が高まる中で、自治体なども積極的にゼロエミッションに注力しています。
ゼロエミッションを達成するためには、リサイクルや再資源化以外にも、そもそも廃棄物を排出させないようなモノづくりにも取り組む必要があるとされていて、各企業が製品の設計から原材料の調達、製造過程までを工夫して、廃棄物排出の低減に努めています。その他にも、各分野においてゼロエミッション活動が行われています。
東京都では、2019年10月より家庭のゼロエミッション行動推進事業が実施されています。その内容は、冷蔵庫やエアコン、給湯器の買い替えに対して金券などに交換できるポイントが付与されるものです。今後も全国的にゼロエミッション活動が推進されていくことが予想されています。

お役立ち情報

突然の依頼にも迅速に対応してもらえて感動しました!
展開
鹿児島市内にお住いの方より不用品回収のご依頼を頂戴し、その作業内容について紹介しています。
鹿児島市内であれば即日対応が可能なことが分かる内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。
詳細情報
ゴミ屋敷が見違えるようにキレイになって感動しました
展開
鹿児島県で2年前から一人暮らしをはじめて、部屋の中がゴミ屋敷化したので何とかして欲しいというご依頼をいただき、ハウスクリーニングまでした経緯が書かれています。
程度にもよりますが、アパートのゴミ屋敷の片付けにかかる時間も分かるようになっています。
詳細情報

PageTop

  • 友だち追加
  • お問合せフォーム